不妊治療後半戦、様々な薬が登場!内服薬だけじゃないんです!

不妊治療後半戦、様々な薬が登場!内服薬だけじゃないんです!

こんにちわ、まんぢです。

 

<<ここまでのあらすじ>>

妻のかよちゃんと不妊治療をしています。

まんぢの精索静脈瘤と思われる男性不妊が

原因で体外受精にチャレンジしましたが

排卵誘発剤を使っても卵胞がうまく育たず…

原因だったかよちゃんの橋本病を抑え込み

いざ体外受精に再チャレンジ!

採卵が終わっていよいよ胚移植です。

 

はじめての方は家族紹介からどうぞ。


体外で育てた胚盤胞ちゃんを

体内に戻す胚移植に向けて準備が始まりました。

エストラーナテープ、プレマリン、バファリン

ウトロゲスタンが初登場です!!

胚移植期間中は毎日こいつらと格闘します。

 

ではご紹介しましょう。

まずはエストラーナテープ…一番やっかいなやつです。

これは次回ご紹介します。

 

続いてプレマリンは子宮内膜の状態を整える薬だそうです。

そしてバファリンは頭痛いときに飲むやつと一緒です。

効果は不育症を防いでくれるとの事。

これらは飲むだけなのでハードルは低いです。

 

ハードルが高いのはこいつウトロゲスタン。

8時間おきに、膣内にこの薬を挿入します。

23時に挿入すると、次回は朝7時です。

こいつのせいで夜眠くなっても23時まで眠れません。

そして15時を忘れがちです。

 

これが毎日なので

やっぱりかよちゃんへの負担が大きいです。

世の不妊治療中の女性に頭が上がりませんね。