不妊治療の最後の切り札「顕微授精」!!

不妊治療の最後の切り札「顕微授精」!!

こんにちわ、まんぢです。

 

<<ここまでのあらすじ>>

妻のかよちゃんと不妊治療をしています。

まんぢの精索静脈瘤と思われる男性不妊が

原因で体外受精にチャレンジしましたが

排卵誘発剤を使っても卵胞がうまく育たず…

卵胞が育たないのは

かよちゃんの橋本病が原因でした。

橋本病の治療を終えて、いざ体外受精に

再チャレンジです!

 

はじめての方は家族紹介からどうぞ。


前回に続いて、体外受精についての解説です。

取り出された卵胞ちゃんは

精子くんと出会い受精します。

精子の状況がまんぢほど悪くない場合

採取した卵胞ちゃんに精子くんたちを

振りかけるだけで受精してくれます。

 

でもまんぢの場合は受精も人の

手助けが必要です。

 

ピペットと呼ばれる細いガラス管で

精子くんを卵胞ちゃんの中に注入してあげます。

すごーく細かい作業なのは想像つきますが

手が震えたりしないんですかね。

 

というわけで、まんぢ達の場合

費用も技術もバカ高い「顕微授精」に

挑戦します!!