不妊治療とは「毎日自分で注射を二本、腹にぶっ刺します!」な日々

不妊治療とは「毎日自分で注射を二本、腹にぶっ刺します!」な日々

こんにちわ、まんぢです。

 

<<ここまでのあらすじ>>

妻のかよちゃんと不妊治療をしています。

まんぢの精索静脈瘤と思われる男性不妊が

原因で体外受精にチャレンジしましたが

排卵誘発剤を使っても卵胞がうまく育たず…

卵胞が育たないのは

かよちゃんの橋本病が原因でした。

橋本病の治療を終えて、いざ体外受精に

再チャレンジです!

 

はじめての方は家族紹介からどうぞ。


体外受精に向けて、卵胞ちゃんを育てて取り出す

採卵フェーズが始まりました。

始まって約10日。自己注射が日に日に変わって

かよちゃんの負担が一番大きい時期になりました。

かよちゃんの自己注射についてまとめます。

相も変わらず、かよちゃんが注射するところは

直視できませんが、気配はうっすら感じます。

(あれ…もしかして2本打ってない…!?)

 

後から聞いたらその通りで二本打ってました。

最後は毎日2本の注射を打つんですねー。

しかもかたや排卵誘発剤。

かたや排卵を抑制する注射。

矛盾しているように思えますが

まっすぐストレートじゃないあたり

実に妊活らしいなぁとか思っちゃいます。