排卵誘発剤はぜったい自分で刺す。その理由は…

排卵誘発剤はぜったい自分で刺す。その理由は…

こんにちわ、まんぢです。

 

<<ここまでのあらすじ>>

妻のかよちゃんと不妊治療をしています。

まんぢの精索静脈瘤と思われる男性不妊が

原因で体外受精にチャレンジしましたが

排卵誘発剤を使っても卵胞がうまく育たず…

卵胞が育たないのは

かよちゃんの橋本病が原因でした。

橋本病の治療を終えて、いざ体外受精に

再チャレンジです!

 

はじめての方は家族紹介からどうぞ。


体外受精に向けてかよちゃんは

自己注射の毎日です。

注射がフォリルモンからHMGに変わりました。

↓フォリルモンについてはこちら↓

↓HMGについてはこちら↓

まんぢはクリニックの看護師さんよりも

かよちゃんの方が注射上手なのかと

勘違いしちゃいました。

 

体外受精クリニックだと筋肉注射

自己注射だと皮下注射になるので

痛いかどうかはその差だそうです。

 

その差に気づいたかよちゃんは

クリニックでの注射を拒否。

自分で注射する道を選んだそうです。

先生は「あら気づいちゃった?」と

あっけらかんとしてたそうですが…

 

やっぱりまんぢ的には

自分で注射するってのに抵抗を

感じちゃいます。コワイヨー。