排卵誘発剤の自己注射から見る、男と女の意識の差

排卵誘発剤の自己注射から見る、男と女の意識の差

こんにちわ、まんぢです。

体外受精クリニックから、排卵誘発剤HMGを持ち帰りました。

いよいよ自己注射です。

ゲームの世界だと、主人公が拾った注射器をおもむろに刺して

回復したりするじゃないですか。あれよく考えるとすごくないですか?

絶対怖いじゃないですか、普通刺し方わからないですし。

 

でも妻のかよちゃんは、おもむろに刺せるんですよ!!

お医者さんでもないのに、すごくないですか!?

まんぢのこの興奮とは裏腹に、かよちゃんは冷静です。

 

薬剤が入ったアンプルを割るときに、ちから加減で

粉々にしちゃいそうなのが心配なんですって。

これはやったことがある人にしかわからないやつですね。

 

いつか街にゾンビが溢れて、かつ二人だけ生き残った状態で

ワクチンが空から降ってきたら、かよちゃんに注射してもらいます。

お医者さんがいたら、お医者さんに打ってもらいます。